人気海外FX業者大比較


現在世界標準とも言えるメタトレーダー4と5を導入


hoiure現在、日本からの取引ができる数ある海外FXのブローカーの中でも、比較的新興で人気を博しているのが、オーストラリアはメルボルンに本拠地を構えるpepperstoneです。他社にはないpepperstoneの特徴は、2種類用意してあるアカウントがそれぞれ、STP取引とECN取引を採用していることにあります。好みによって、それぞれの特徴を活かした取引を、pepperstoneで行なうことができるのです。

そんなpepperstoneが用意している取引システムは、現在世界標準とも言えるmeta trader4とその進化版とも言えるメタトレーダー5です。加えて上級者向けのMAMやiPhoneやiPad、アンドロイドなどのモバイルツール向けの専用アプリも用意しています。そしてそれらの取引プラットフォームを支えるシステムの安定性が高いことも、pepperstoneの大きな特徴です。そして以前は、実勢の取引の際に若干のタイムラグがあるとの話がありましたが、現在はそれも解消されている様です。

そしてpepperstoneの最大の特徴は、業界最狭水準を誇るスプレッドにあります。ECN方式を取り入れているEDGE RAZORアカウントなら、米ドル/日本円やユーロ/日本円、ユーロ/英ポンド、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、英ポンド/米ドルのスプレッドが0.1pipsから、英ポンド/円とNZドル/円のスプレッドが0.2pipsからになっています。またSTPタイプのEDGE STANDERDアカウントでも、業界最狭水準のスプレッドを提供しています。これらはAAAクラスの大手銀行との連携によって、実現されています。これら低スプレッドの取引を、最大400倍のハイレバレッジでできるのが、pepperstoneの良い所です。低スプレッドにハイレバレッジの組み合わせは、個人投資家にとって、最強の取引環境と言えるでしょう

そしてpepperstoneのメタトレーダー4には、オリジナルで開発した板情報付きワンクリックEAが搭載されています。さらに全部で54種類も用意された取扱い通貨ペアに、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の国内口座への入金、ウェブトレーダーやiPhoneやiPad、アンドロイド様にそれぞれ用意された専用アプリなど、考えられる限りの最高の環境が用意されています。これらの環境を実際に無料で試すことができるように、pepperstoneでは無料のデモ口座を用意しています。少しでも興味があるのなら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。メタトレーダーは、今やFXやバイナリーオプションとは切っても切れない仲です。FX攻略、バイナリーオプション 必勝法方法を立てる上でもメタトレーダーの使い方をしっかり勉強しておくとおかないでは大きな差が出て来ます。




 

デイトレーダー

デイトレーダーってかっこいい。そんな風に思って、実際にデイトレードで食っている人にあわせてもらったことがあるんです。自分もFXをかじりかけていたし、興味があったんですね。そうしたら一言言われました。「くたびれるわりに、もうかんない仕事なんですよ」って。

デイトレードっていうのは、基本的に市場がしまった段階で手じまいします。毎日いったん、売買を終了して清算してしまうわけですね。だから市場のあく9時前からほとんどずっとモニターの前にいるんだそうです(11時から12時半までは市場も昼休み)。その間はトイレなんか、いけないって。ちょっと目を離したすきに株価が変わってしまい、大損することもあるからです。だから食事もトイレも、市場が空いているあいだはいかないんです。手じまいしても明日の銘柄を研究しないといけないし、24時間働いているようなもんですよ、といっていました。はー、確かにキツそー。


 © 2014 FX比較海外業者.com