人気海外FX業者大比較


2014年のFXの魅力について

他の投資には無いようないろいろなFXの魅力についてご紹介しましょう。まず、海外FXのレバレッジというのは、FXの最大の魅力の一つです。

レバレッジというのは、少ない手元の資金で大きな資金を動かすことが可能なものです。そのため、少ない資金しか手元に用意できないような場合でも、大きな資産運用が可能になります。

参考サイト:オーストラリアハイロー

FXにおいては、取引がこのレバレッジを利用して行うことができるので、あまり大きな資金がない場合でも大きな取引を行うことできるのです。例えば、取引で10倍のレバレッジにした場合は、手元の資金は取引の金額の1割でいいということになり、資金が数万円くらいあれば取引を百万円単位で行うことができるようになります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
yosiureiFOREXはFX初心者にとって非常に利用しやすい業者として定評があります。その最大の理由は、iFOREXの提供している「電話サポートサービス」にあります。どんなFX業者も困ったときにスタッフとメールでやりとりできるサービスを提供していますが、メールの文面だけでは状況を詳細に説明するのが難しいという問題があります。その点、iFOREXなら電話でリアルタイムに情報交換ができるので、迅速な問題解決を図れます。

iFOREXのメリットはそれだけにとどまりません。プロのFXトレーダーも絶賛するほど高機能が実装された取引ツールも提供されています。メキシコペソ、イスラエルシュケル、シンガポールドルなど、他のFX業者では取り扱われていないような珍しい通貨での取引も行えます。しかも取引手数料は無料。より幅広いトレードを実践したいトレーダーにとって非常に重宝します。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
oiur最近人気を集めているバイナリーオプションですが、その人気を反映して、日本でも続々とサービスを開始する業者が現れています。トレードラッシュはその中でもめざましい躍進ぶりを示している業者で、大御所ブローカー24オプションの人気に追いつく勢いです。キプロスに拠点を置いています。バイナリーオプション 比較の有名サイトでもこのブローカーの名前はよく出て来ます。トレードラッシュの特徴はなんといってもその高いペイアウト率、これは利益の額に直結するものなので、ペイアウト率が高い業者はやはり人気を集める傾向があります。またバイナリーオプションで取り扱う銘柄の数も豊富で、最低取引金額も低く設定されているので初心者も参加しやすいという点も人気のようです。

トレードラッシュが扱うバイナリーオプションはYバイナリーで利用されているもっともスタンダードな、相場の上下を予想するだけのハイ&ロー、一定時間内にその価格を達成すれば利益が確定するワンタッチなどです。取引の時間は60秒後を予想する60セカンドがポピュラーですが、自分で期間を設定できるオプションビルダーも用意されています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------oiurerere新 興のFXブローカーであるPepperstoneの最大の特徴は、なんといっても世界最狭水準のスプレッドを提供していることにあるでしょう。2種類用意されたアカウントでそれぞれのスプレッド設定は違いますが、比較的広いスプレッドのスタンダードアカウントであっても、米ドル/円で1.0pips~1.7pips、ユーロ/米ドルで0.5pips~1.8pips、英ポンド/米ドルで1.0pips~2.2pipsと狭めの設定となっています。そしてもう1つ用意されているRAZORカウントであれば、取引手数料がかかるものの、スプレッドは米ドル/日本円で0.1pips~1.2pips、ユーロ/米ドルで0.1pips~1.0pips、英ポンド/米ドルで0.1pips~1.1pipsと本当に業界トップクラスの狭さを実現しています。

Pepperstoneが提供するこれらのスプレッドは、変動性となっています。しかし取引が鈍い時間帯や、逆に活発すぎるような時であっても比較的安定したスプレッドが提供されるのは、Pepperstoneのも一つのメリットと言えるでしょう。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ii海 外のFX業者でありながら、日本人トレーダーにも人気なのがXEマーケットです。スリップのない安定した取引インフラや国内にはない888倍という高レバレッジ、常に受けられる入金ボーナス、そして海外業者らしからぬ入出金の迅速さで多くの日本人トレーダーの支持を集めています。

海外のFX業者を利用するときに不安なのが、情報の入手手段の乏しさにより経営状態の確認がしづらい点です。ですが、XEマーケットでは本拠地であるキプロスの証券取引委員会から認可を受けてサービスを行っており、イギリスのFSAライセンスも厳しい審査をパスして取得しています。世界大手の金融機関と提携することによって2万ユーロまでの個人補償も完備、海外業者であるという不安を感じることなく利用できる優秀なFXブローカーです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


FXでは、取引を行う金額に対して、最低限用意する必要がある証拠金が大変少ないので、取引により多くの方が参加できるようになっているのです。業者によって、このレバレッジの値は違っています。


一般的な業者では、取引において最大20倍くらいのレバレッジができるようになっています。そのため、自分の資産に応じた取引が可能な業者を探すことが大切です。次に、FXの大きな魅力としてスワップポイントがあります。

現在、非常に銀行の金利は低いので、このスワップポイントの魅力は大きくなります。このスワップポイントというのは、購入している外貨に付く金利から円の金利を差し引いた金額です。低い金利の通貨を売却して、高い金利の通貨を購入することで受け取りができる金利差の金額になります。

FXのスワップ金利というのは、一般の外貨預金とは違って、レバレッジがきいている金額の分だけつきます。そのため、FXを10倍のレバレッジで取引を行っていると、10倍の金利を受け取ることができるのです。

そして、通貨を持っている間は、自動的にこのスワップポイントは毎日受け取ることが可能なので、資産運用としては大変効果的なものです。このFXの魅力を利用すると、資産運用を株式投資によって行うよりも、収益率を向上することができます。

そして、決済の期限がこのFXにはありません。通貨を持っている間は決済を自動的に延長し、通貨を維持できます。

この決済の期限がFXには無いので、24時間以内に決済するような短い期間の取引であるデイトレードや、スワップポイントを長い期間通貨を持って狙うようなスイングトレードなども可能です。このように、このFXの資産運用の方法には、いろいろな多くの魅力があります。

投資の手法の中には、代替投資というものがあります。

これは従来のメジャーな投資である株や債権以外に投資していく手法とされており、投資先を分散する意味を持っているのです。

この代替投資にはどういったメリットがあるのか?というと、基本的にはリスクを分散する効果があります。代替投資は投資先を複数持つということでもあるので、その点に関してまずリスクが分散すると言えるでしょう。

さらに代替投資では、株や債権以外の投資先としてどういったものを選ぶか?というと、株や債権と関連が薄いものになります。
例えば、不動産などが該当すると思います。こういったものはメジャーな投資先である株や債権とは関連性があまりないので、そこもリスク分散として機能するのです。関連性が薄いとある1つのメリットが存在します。

それは株や債権の動きに連動しづらいということになるのです。
つまり、一方が損失を出しても、もう一方は損失になるとは限らないため、そこがリスク分散になるのです。
こういったところが代替投資の特徴とメリットと言えます。

投資においてはリスク分散は基本であり、実践すべきポイントと言えると思いますが、そのリスク分散の仕方はそれぞれで違います。
株の投資の場合には、株の中でリスク分散を行っていくのが一般的と言えるかもしれません。
それは株において1つの銘柄ではなく、複数の銘柄を買っていくといった方法になります。そういったやり方でも確かにリスク分散は可能です。

しかし、それとは違うリスク分散の仕方が代替投資になるのです。同じ投資の種類の中でリスク分散をするという方法もありますが、代替投資では投資の種類を変えることによって、よりリスク分散の度合いを強めます。

それが株などのメジャーな投資とは関連性の薄いものになるわけです。例としては不動産投資を挙げましたが、実際株などをやりながら不動産投資をしている人は多くいると思われます。それはまさに代替投資と言えるでしょう。

投資は常にリスクが付き物ですから、そのリスクを少しでも抑えていく方法を誰もが考えていかないといけません。その中の1つに代替投資があるので知っておくと良いでしょう。
ただし、代替投資はすでに行っている投資とは関連性が乏しいものを利用していくため、当然知識も乏しい可能性があります。

新たに始める場合には、その投資に対する勉強をしっかりと行って知識を十分につけてから行っていくと良いと思います。



 

デイトレーダー

デイトレーダーってかっこいい。そんな風に思って、実際にデイトレードで食っている人にあわせてもらったことがあるんです。自分もFXをかじりかけていたし、興味があったんですね。そうしたら一言言われました。「くたびれるわりに、もうかんない仕事なんですよ」って。

デイトレードっていうのは、基本的に市場がしまった段階で手じまいします。毎日いったん、売買を終了して清算してしまうわけですね。だから市場のあく9時前からほとんどずっとモニターの前にいるんだそうです(11時から12時半までは市場も昼休み)。その間はトイレなんか、いけないって。ちょっと目を離したすきに株価が変わってしまい、大損することもあるからです。だから食事もトイレも、市場が空いているあいだはいかないんです。手じまいしても明日の銘柄を研究しないといけないし、24時間働いているようなもんですよ、といっていました。はー、確かにキツそー。


 © 2014 FX比較海外業者.com